電源の確保は、災害時に最も重要な事業継続性(BCP)のひとつです。

産業用蓄電池は、災害時のBCP対策として、万が一の停電に備えられる『安心・安全』、
対外的な『信用・信頼』、レジリエンス強化に有効です。太陽光発電との連携で、停電が長引いた場合でも、
復旧するまで自家発電と蓄電池で対応することが可能になります。

取扱製品 蓄電池

多様な利用シーンに対応、法人様向け蓄電池 無停電電源装置(UPS)機能付き
EP-500PRO (POWERGATE JAPAN製)

緊急時には、スマートフォンや、パソコンの長時間の利用、サーバー、ネットワーク機器への電源確保など、
事業継続のために、電力を必要とするシーンが予想以上に多くなることが想定されます。

可搬式蓄電池のメリット

非常時や緊急時の非常用電源として、定置用蓄電池より、可搬式蓄電池の利便性が良いと考えられています。

蓄電池選定ポイント

・使用する機器の使用電力、使用日数で用途に合った電源
・熱暴走が起こりにくく安全性の高いリチウムイオン電池の種類を選択

様々な活用シーン

データ保護の対象への停電対応

介護施設へのBCP対策

オフィスビルでの非常用対策